沖縄青少年交流の家について

よくある質問

当施設によくあるお問合せを一覧にしてあります。
又、その他ご不明な点等ありましたらTEL,FAX及びメールにてお問い合わせ下さい。

よくある質問一覧(知りたい項目をクリックして下さい。)

国立沖縄青少年交流の家ってどんな施設ですか? どのような人が利用できるのですか? 何人から利用できますか? 利用申し込みの方法を教えてください。 予約はいつから受け付けられますか? 当日、急に行っても宿泊できますか? 費用はどの程度必要になりますか? 食材の持ち込みは可能ですか? 日帰りで国立沖縄青少年交流の家の施設を利用できますか?

回答一覧

 
国立沖縄青少年交流の家ってどんな施設ですか?

青少年の団体宿泊訓練を通して、健全な青少年の育成をはかることを目的に設置された団体宿泊研修施設です。ちなみに国立青少年交流の家は全国に13施設,国立青少年自然の家が14施設あります。

この画面のトップへ
 
どのような人が利用できるのですか?

具体的な研修計画をもっていればどなたでも利用できます。

この画面のトップへ
 
何人から利用できますか?

基本的には団体(2名以上)宿泊研修を目的とした施設です。

この画面のトップへ
 
利用申し込みの方法を教えてください。

まず利用したい日が決まっていれば、ホームページ又は電話で空室状況を確認してください。 部屋が空いていればその時点で電話申し込みを受け付けます。その後、ホームページより提出書類をダウンロードし、 記入の上3週間前までに届くように郵送またはFAXしてください。

この画面のトップへ
 
予約はいつから受けつけますか?

予約は一年前から受け付けております。但し、修学旅行等の大型団体の場合は二年前から受け付けます。

この画面のトップへ
 
当日、急に行っても宿泊できますか?

ホテル等の宿泊施設と違い事前に当施設の担当職員と研修計画の調整を行わなければいけません。

この画面のトップへ
 
費用はどの程度必要になりますか?

1.学校、その他教育機関、青少年団体等の利用の場合
施設使用料は無料です。
費用は食事代(1日3食)中学生以上2,040円、小学生2,010円、未就学児(4歳以上)1,800円及びシーツ洗濯料200円となります。
 
 
2.一般利用の場合
上記費用に施設使用料として1人1泊800円が必要となり、団体の全員に発生します。
 
[一般利用の例]
(1)企業・官公庁等(青少年又は青少年教育関係者に対する研修に該当しない場合)
(2)社会福祉団体等(青少年又は青少年教育関係者に対する研修に該当しない場合)
(3)家族(構成員に青少年を1人も含まない場合)
※施設使用料の有無については、必ず事前にご確認ください。
※「青少年」とは29歳以下の青年・少年とし、乳幼児も「青少年」とみなします。

料金の詳細につきましては、下記のページをご覧ください。
 利用に伴う料金表(PDF)

この画面のトップへ
 
食材の持ち込みは可能ですか?

当施設ではお菓子、飲物類を含め食材の持ち込みは一切できません。

この画面のトップへ
 
日帰りで国立沖縄青少年交流の家の施設を利用できますか

宿泊研修施設ですので、基本的には宿泊団体が優先になります。宿泊団体が使用しない場合に限り利用可能です。
利用当日に空き状況を電話にて確認の上、お申し込み下さい。

この画面のトップへ