イベント一覧(企画事業等)

イベント一覧(企画事業等)

イベント(企画事業等)の詳細です。

一覧へ戻る

さんごの海を守りはぐくむ
平成21年1月31日(土) 〜 平成21年2月 1日(日)

事業報告

 1月31日〜2月1日の1泊2日の日程で企画事業「サンゴの海を守りはぐくむ」を開催し、県内の中学生や高校生が参加した。当事業は、渡嘉敷島周辺に回遊するザトウクジラの観察や漂着ゴミの回収活動などの実践を通じて環境問題への意識を高め、今自分たちができることを考え提案し、その成果を広く発信することがねらい。

 初日は、渡嘉敷島南部のヒナクシ海岸において、沖縄ホールアース研究所の角田周一氏と渡久地貴野氏と共にゲーム感覚で楽しみながら環境保全活動「海浜クリーン活動」を行い、回収したゴミに関して「漂着ゴミから環境を考える」ワークショップを実施した。漁具や釣り具、生活用品等のプラスティック製品の多さ、アジア諸国から流れてきた漂着ゴミを目の当たりにして、グローバルな環境問題について意見が交わされた。また、理想の海を掲げ、どう実践するのか何が足りないのかをグループ内で活発に話合った。  二日目の観察会「ホェールウォッチング」では、地元在住の玉城保弘氏の講話「慶良間の豊かな自然」でザトウクジラの生態や魅力について学んだ後、ホェールウォッチングに出発した。出港後すぐに、「海浜クリーン活動」を実施したヒナクシ海岸沖で、親子のザトウクジラに出会い、ほほえましい親子の様子を一時間余り観察した。  参加者からは、「私たちや海にすむ生き物たちのためにも海の環境を守っていきたい。」「心配だったけどザトウクジラが見れて大満足です。」「海浜クリーン活動をして気持ちが良かった」等の声が寄せられた。


写真一覧(クリックすると拡大してご覧いただけます。)



一覧へ戻る