イベント一覧(企画事業等)

イベント一覧(企画事業等)

イベント(企画事業等)の詳細です。

一覧へ戻る

サンゴ礁ウォッチング
2006年10月07日 (土) 〜 2006年10月09日 (月)

事業報告

渡嘉敷島の海を豊かに彩るサンゴ礁の観察を通して、自然の素晴らしさ、大切さを五感でとらえる。また、人間と環境との関わりや共存、環境保護や保全などの環境学習を行う。そして、自分なりの生き方で地域の環境づくりや環境保全に寄与できる人材の育成を図ることをねらいとした事業。当日参加者は、高校生、大学生、社会人など22名、プレ参加者(他府県から)は10名、ボランティア2名が参加した。

サンゴ礁ウォッチング実施が台風13号により延期になったため県外参加者10名に対し、沖縄本島でプレ企画を実施した。琉球大学瀬底島海洋研究で国立沖縄高専の山城秀之教授にサンゴについての講義をしていただき、美ら海水族館を職員の案内で見学した。参加者は、沖縄のサンゴ礁の美しさと周りの生態系の多様さ、海洋環境の現状を確認し満足して帰路についた。 サンゴ礁ウォッチングは、当初予定より少ない22名の参加者での実施になったが、日常的な環境保護・保全に取り組むきっかけとして実り多い事業となった。 内容は、スノーケリングの基本練習や海底観察によるサンゴ礁ウォッチング等、夜は、山城教授による「サンゴについて」「壊れる環境 サンゴ礁はヒトの未来」のテーマで講演会を行いサンゴに関する知識を深めていった。そのためサンゴの病気、環境悪化を参加者は、身近な環境問題としてとらえ、環境の保護保全の取り組みを劇化する、循環型社会の実現や環境の与える影響について発表するなど、参加者の受け取りの深さがうかがえた。


写真一覧(クリックすると拡大してご覧いただけます。)



一覧へ戻る